• 2015.9.18
  • 屋上防水シート工事 スタートしました はコメントを受け付けていません。

屋上防水シート工事 スタートしました

屋上防水シート工事

いつもお世話になっている工場様から雨漏りがするので見に来てほしいとお電話をいただきました。屋根にのぼるとゴムシート張りのジョイントが数か所ひらいている箇所があり、雨が入っている様子。応急処置でコーキング処理をしてとりあえずは止まったのですが、15年以上経つということで防水シートの張り替えをさせていただきました。

今回は改修ということで塩ビシートの機械固定工法という工法をとりました。現状の糊張りゴムシート防水から塩ビシートの機械固定工法へ。糊を付けてシートを張る糊貼りや塗膜で防水層を作るという考え方ではなくて、屋上を覆うような工法です。簡単に説明すると、丸っこいディスクのようなものを床に設置し、そのディスクに床シートを溶着固定していく工法です。接着工法や塗膜に比べてメリットとしては下地のクラックに左右されにくい というのが一番のメリットです。また耐年数も約15年から20年と ゴムシート防水に比べ塩ビシート防水の方が優れています。

施工前

現状はゴムシート防水でシートの継ぎ目から水が入り、雨漏りの原因になっていました

続いて笠木の撤去です

取り外す際に気付きましたが笠木が反対に取り付けられていました。

立ち上がり部分

立ち上がりのみ糊張りするので樹脂モルタルを塗ります

立ち上がり部

シート貼りと絶縁シートを貼っていきます。

 

関連記事

コメントは利用できません。
ページ上部へ戻る